東京製紙 資材調達基本方針

(1)法令の順守

東京製紙は、法令・社会規範を順守し、健全で公正な企業活動を行います。
東京製紙の生産品に係わる必要な資材・役務等のサプライヤーにも、法令や社会規範の順守を要請します。

(2)環境への配慮

東京製紙は、資材調達活動を行うに当り、リサイクル原料を積極的に活用し持続的発展が可能な人間社会と健全な環境の実現を図ります。

(3)公平かつ公正な取引の推進

東京製紙は、内外のサプライヤー(候補)に対し広く門戸を開き、公平かつ公正な取引を行います。

(4)サプライヤーの選定方針

東京製紙は、サプライヤー選定に当り、法令や社会規範を順守した経営、環境への配慮、品質や安全性の確保と安定供給、安定した経営基盤、優れた技術力、適正な情報保護、他者の知的財産の尊重、指定納期の順守、適正な価格等を総合的に判断して選定します。

(5)サプライヤーとのパートナー関係強化

東京製紙は、サプライヤーとの相互理解に基づく信頼関係を構築し、これを維持することに努めます。

≪1つ前に戻る

東京製紙TOPへ