Close

2018年12月7日

華やかカラーと可愛らしいキャラクターがもてなす クリスマス限定のお茶パッケージ

Pocket

 

.。*゚+.*.。 まもなく訪れるクリスマス .゚+..。*゚+

外に出ればクリスマスソングが流れ、イルミネーションやクリスマスツリーなどが街を彩ります。毎年このイベントを楽しみにしている方は多いでしょう。

クリスマスと言えば恋人や家族のほか、親しい相手にプレゼントを贈る方も多いはず。しかし贈り物なら、見た目のデザインにもこだわりたいところでしょう。今回取り上げるルピシアの「クリスマスのお茶」シリーズ(数量限定)は、まさにクリスマスの贈り物にピッタリなパッケージです。

 

 

パッケージ紹介


2018年のルピシアの「クリスマスのお茶」シリーズは、「おもちゃの国のホテル」をテーマに季節限定の味わいも含めた6種類が用意されています。ティーバッグのパッケージはいずれも四角いBOX型の箱で、それぞれ箱はホワイト・グリーン・レッド・ピンク・パープル・オレンジのカラー。表側にはおもちゃのキャラクターのイラストが添えられ、その上に「JINGLE BELLS」「CAROL」など商品名が書かれています。なお、例えばホワイトカラーの「WHITE CHRISTMAS」はホワイトチョコレートとナッツの香りの紅茶、フランス語で「かくれんぼ」を意味する「CACHE-CACHE」はさまざまなフルーツが香る紅茶など、箱のデザインは中身のお茶もイメージされています。

イラストではスノーマンやテディベア、ピエロなどのキャラクターが。これらのキャラクターは、お茶を届ける「おもちゃの国のホテル」のスタッフたち。それぞれスノーマンは支配人、テディベアはベルボーイなど、役割まで決まっています。なお、リーフティーは缶に入っていますが、この缶のラベルと箱のイラストデザインは共通です。

 

分析と個人的見解

クリスマスらしい可愛らしさあふれるパッケージデザイン。いずれも、一目でクリスマスの訪れを感じられることでしょう。イラストで描かれたキャラクターたちは、お茶を楽しむ皆さんをおもてなしするスタッフのイメージかもしれません。そのイラストを眺めていると、「ようこそ、美味しいお茶の世界へ」なんて声が聞こえてくる気さえしてきます。

SNSを見てみると、クリスマスに向けてか実際に本製品を購入した方から、次のような投稿がありました。

 

「今季のルピシアパッケージがいろいろかわいい。今日はキャロル飲む!」(@Ikaruga0807さん)

「ルピシアで、物欲を抑えることができなかった…クリスマスのお茶はパッケージがずるいくらい可愛いし、四角い缶に入ったケーキは紅茶の味で気になるし…といった具合。」(@nechiko_yamayaさん)

「ルピシアの限定パッケージも紙袋も可愛すぎるんだよなぁ… まだ他の茶葉が残ってるのについ買ってしまった」(@asagi3594さん)

 

やはり可愛いという意見が多いようですが、注目したいのが紙袋。実は箱のパッケージだけでなく、紙袋にもクリスマスデザインが用意されているのです。


そのデザインは、「LUPICIA」と書かれた真っ赤なホテルと玄関で向かえるベルボーイのテディベア、そして犬のドライバーが運転する車。これは、つまり人気のホテル・LUPICIAに訪れれば、美味しいお茶が楽しめるということでしょうか。
扉の奥である紙袋の中には、自分で購入した限定パッケージのお茶。そんな素敵な世界へ、ぜひ足を踏み入れてみたくなります。
公式ホームページを見てみると、以下のようなキャッチコピーがありました。

 

「おもちゃの国のホテルへ、ようこそ」
ルピシア公式サイトより)

 

おもちゃとは、つまりパッケージに描かれているキャラクターのこと。彼・彼女らがもてなすホテルこそ、「LUPICIA」なのです。クリスマスのプレゼントに受け取れば、きっと特別な時間をイメージしてワクワクしてしまうことでしょう。もちろん自分用としても、素敵なクリスマスの演出に一役買ってくれそうです。

 

 

パッケージアイディア・戦略に関する資料やコンパッソの概要資料・見本帳